妊活中から授乳期まで役立つ葉酸サプリの魅力

妊活中の葉酸サプリ
妊娠初期には葉酸が必要だというのは多くの方に知られるようになってきました。この時期にはお腹の中の胎児の体や脳が形成される大切な時期で、葉酸は胎児の先天性異常などを防ぐ役割をしてくれます。

食事から必要量を取るのが一番ですが、それでも妊娠初期には不足してしまいます。
そのため、厚生労働省でも食事以外の栄養補助食品から1日400μgの葉酸の摂取を推奨しています。

もし食品から葉酸を取る場合、400μgはほうれん草だと1束、アスパラガスだと15本程度に相当します。

また、食品から取る葉酸は吸収率が良くありませんし、加熱調理すると栄養分が損なわれてしまいますからこれ以上の量を食べなくてはなりません。

大量に野菜などを食べなくてはなりませんし、ましてや妊娠初期はつわりで食欲も落ちてしまいますから、やはり葉酸サプリを活用するのが現実的です。

つわりが落ち着いて妊娠中期に入った頃には、葉酸の量は1日240μgくらいで大丈夫です。

出産後にはそれよりも少なくても大丈夫ですが、赤ちゃんにたっぷりと栄養のある母乳をあげるためにも、葉酸サプリは卒乳までしっかり取りましょう。

葉酸サプリは胎児のためだけでなく、妊娠中の母体の健康をしっかりと守ってくれます。

妊婦は赤ちゃんにも栄養を与えていますから、妊娠前よりも貧血になりやすくなります。

葉酸には造血作用がありますからしっかりと血液を作り出してくれて、貧血を防止してくれます。

授乳中は葉酸の造血作用で栄養が全身にめぐってくれて、母乳の出も良くなり赤ちゃんへ栄養を与えやすくなります。

出産後の弱った体の回復を早めてくれたり、肌荒れしやすい美容面の悩みを改善する効果にも期待できます。

さらに、葉酸はたんぱく質の合成をサポートする働きがあり造血作用と併せて、産後の抜け毛からの回復をサポートしてくれます。

睡眠をサポートするホルモンの分泌を活性化してくれますから、良質な睡眠を得やすくなり体の回復にも役立ってくれます。

このように、葉酸には妊活中から授乳中まで幅広い働きをしてくれますから、不足しないように葉酸サプリメントでしっかり摂取していきましょう。