現金化業者はamazonギフト券へシフトしている

クレジットカードの現金化を行なう方法には、従来から買取方式とキャッシュバック方式の2種類が存在していました。

買取方式では所有権移転時期に関する問題があるので、換金性が高い商品の売買にはカード会社による監視が強化されており、クレジットカード利用停止措置に繋がる原因となっていたので、敬遠される傾向が強い状況です。

一方、キャッシュバック方式ならば、少なくとも売買契約と商品引き渡しが確実に行われているので、カード会社へ商品代金を完済するまで届いた商品を保管しておけば良いわけです。しかし、キャッシュバック方式では手間と費用がかかるために換金率が低くなる傾向があります。

そこで新たに登場した現金化方式として、amazonギフト券の買取を行なう方法が考案されています。

amazonギフト券には様々な種類がありますが、Eメールタイプならばクレジットカード決済完了後に直接相手にプレゼント送付が可能です。

第三者への送付を行なうプレゼント目的ですから、所有権移転問題はあくまでも当事者間の問題であって、善意の第三者となる送られた相手先には影響がありません。

現金化業者側で上手く工夫されているので、買取方式であっても最初から贈答用に利用出来て直接換金出来ないamazonギフト券ならば、商品券とは異なり換金性が高いと認められないわけです。

amazonギフト券の良い所として、消費税については考えずに済むメリットlがあります。

なぜなら、amazonギフト券の購入はクレジットカード保有者自身が自ら行なうものですから、現金化業者はamazonギフト券を送ってもらったお礼として現金を振り込むわけです。

厳密に買取契約を結んだとも考えにくいので、プレゼントの返礼品として現金振込を行ったという考え方も出来ます。

買取を行なうためには古物商営業許可が必要となりますが、贈答品のお礼を返しただけならば贈与税が発生しない範囲に限り通常の取引が可能です。

現金化業者からamazonギフト券を購入したわけでは無いので、消費税負担を現金化業者が行なう必要は無く、ギフト券の送付受け取りと現金還元を行なうだけのシンプルな関係になります。

カード決済手数料を負担するのはamazon側であって、現金化業者は振込手数料と自社の人件費に利益を上乗せした分だけで済みます。

最終的に換金する手段は現金化業者のノウハウ次第となるので、手数料に換金に伴う目減り分が含まれていると考えれば、amazonギフト券による現金化を導入するメリットが大きいと考えられるでしょう。

amazonギフト券現金化 業者一覧